Kaleidoscope

サブブログ

シングルバトル

合計450戦くらいやって

最高レート1912 

 

以下にパーティの変遷

 

 

序盤

 

瞑想スイクンを活躍させようと迷走する

 

カバマンダゲンガースイクンガルドミミッキュ

 

グロスランドスイクンゲンガーミミッキュウルガ

を回したがイマイチ展開が上手くいかない、勝ち筋を上から押し付けられて負ける展開が目立ったため解散

 

レートは1600〜1700帯をウロウロ

 

 

 

中盤

 

序盤の構築から、このゲームは上から行動することが追加効果やZ技の被弾を避けることに繋がることを理解し、バシャーモのバトンからエースを展開する構築にシフトする

 

 

バシャレヒレレボルトミミッキュテッカグヤゲンガー

 

 

バシャバトンを通すことだけ考えているゲームメイクだと通らなかった時のディスアドバンテージが大きく、かといってサイクルを回そうものなら中速でまとまっているため上から殴られて負けのパターンが多発する。

 

 

レート1600〜1700を停滞

 

 

終盤

 

 

バシャバトンは手に馴染まなかったものの、Sに割いたカプ・レヒレが先発性能とエースアシスト性能、及び状態異常対策になるというこれ以上ないほどに自分好みのポケモンであったため、このポケモンを中心としてサイクル構築を考えた。

 

現環境は主流の地面タイプがカバルドン、耐久振りランドロスであることから、地面技の一貫を切ることをあまり意識しなくても良く、実際に数値で地面技を受ける構築が多く見受けられた。

 

そのため、その手の構築の数値受けを削る呪いミミッキュ+一貫のできた地面技を押し付けるスカーフランドロスを主流の勝ち筋として考えた。

 

 

ハッサムランドロスアーゴヨンカプ・レヒレミミッキュヒードラン

 

 

 

着眼点自体はそこまで間違っていたとは思っていないが、回している最中に「これには勝てないな」と思う構築に多くマッチングしたため、この構築は2000帯までいけるものではないと判断し手放す

 

 

レート1800程度

 

 

 

最終盤

 

 

コケコウルガギャラツルギパルジャラ

 

 

ぎんなんとかいうオタクが回している構築が強そうだったからパクった。

 

 

積みサイクルをまともに回すのはあまり経験がなく、起点作成の方法や選出がさっぱりだったのでとりあえず多く回すことで覚えるようにしていた。

 

 

構築の並び自体は非常に強かったが、構成は適当にパクっただけだったためこちらは現環境に合っていない風に感じた。

 

 

とはいえ回し始めたのが最終日3日前とかだったので単純に練度の問題もあると思うし、プレミで落とす試合も多々あったのでなんとも言えない。

 

 

Z技のシステムや新ポケモンにはぼちぼち慣れてきたので新作が出るまでには2000行きてぇなって思った まる

名取さな

youtu.be




・おはようございナース🍆 すこ

・(そろそろ流行れ) すこ

・声がかわいい すこ

・~なんだが?がかわいい すこ

・あいあいあいあい←かわいい すこ

・マ? すこ

・う”る”せ”え”な”ぁ” すこ

・ふんふん すこ

・語尾の~ね、~がねみたいな話し方 すこ

・くう^~ すこ

・~ってね!で話題変えようとするけどコメント拾ってると次の話に飛べない すこ

・ノリがただの淫夢厨 すこ

・ほにゃほにゃコンギョ すこ

・すーぐクソ雑魚になる すこ

・なんかね~ すこ

・「今日もう配信やめよっかな~」 すこ

・テンプレ化した配信やめる芸を自演で終わらせる すこ

・舌打ちがかわいい すこ

・クソ雑魚ラップ すこ

・自己紹介動画で身長をながいのって言う語彙力 すこ

Twitterが活発でかわいい すこ

・何かにつけて視聴者を煽る すこ

・でも基本的には謙虚 すこ

・ここまで書いて思ったけど何してもかわいくない? すこ



せんせえも名取のことすこだぞ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

極悪違法

SDだろうが改造だろうがコピーだろうがAnitubeだろうが漫画村だろうが、ぶっちゃけ勝手にやっててくれって感じで、

 

 

その代わりに自分の行いと発言には責任持って欲しいし、仮に炎上しても僕は援護しないし非難もしない

 

 

みんながみんな、このスタンスで良くない?

 

 

 

ところで今週のプリチャンは見たか?えもパパがえもかったよな。

影踏みオフ使用構築について考えていたこと

当初はいつも通りガルーラスタンで手堅く行こうと思っていたが、3月だかの東京トリプルオフの結果を見て急遽構築を変更することになった。


トリプルオフの傾向として

①雨(これは純正でも滅びでも)が安定して上位にいること

②所謂コピーパよりは特徴的な並びが多いこと

③ガルーラ、リザドラン、叩きをまともに回せる人間が少ない


ということを踏まえ、以下のように考えた


① 純正に対してはバンギバレルマンダ、ここにゴチルを合わせることで滅びにも分の良い立ち回りができる


②特徴的でパワーの低い並びであればゴチルロックから制圧が容易に行えること


③最悪上手い人に当たればクソ択通せば勝てる程度のポテンシャルがあること



この思考を経てバンドリゴチルを握ることに決めた。



実際のオフは最上位のガルーラ使いに構築相性で有利を付けられ立ち回りも芳しくなく負けたマッチが二戦、想定通り雨滅びをボコしたのが二戦、バンドリミラーを制したのが一戦の3-2でオポネントにより予選敗退という不甲斐ない結果で終わった。


優勝構築を見るに純正のガルーラスタンが勝てなくなっているというのは皆の共通認識であり、考察の方向性は間違えてはいなかったが構築への理解度と練度の問題かなという感じ。



とはいえ僕が崇拝している神様仏様らき様と実際にお会いして立ち回りをご教授して頂けたのでよかったとおもいます まる

第2回影踏みオフオフレポ

1次会 影踏みオフ編

 

 

・朝、目黒駅でキツいオタクのらららさんと合流

 

・彼の前髪が短くなりすぎていてちょいちょいいじりながら移動

 

・会場に到着。入口付近にいたいえすたでー様に握手をせがむ

 

・続々と参加者が集まる中思ってたより知っている人がいなくてびびる

 

スイスドローの初戦からtofuさんでキレる 

 

・吹雪ミロカロスにキレる

 

・犯罪者

 

・お昼ご飯は会場1階の「われもこう」で食べる。名前が強そう

 

・綺麗な抜け殻バレルで何も考えずに滅び2人をボコる きもちい

 

・しかしその後いえすたでー様に格の違いを見せつけられ予選落ち かなしい

 

・1-4wのワイガだいごたちとボドゲで暇を潰す

 

・決勝でいえすたでーさんが賢者プレイを通しまくり優勝。おめでとうございます

 

ギャラドスのNNがkagerou_pokeでどんだけ僕のこと好きやねんって軽く引いた

 

 

2次会 限界飲み編

 

 

・2次会会場に移動中らきさんを捕まえてバンドリゴチルの講義をしてもらう

 

・そのまま席に座りBVで感想戦や雑談をしながら酒を飲む

 

・開始早々いえすたでーさんの様子がおかしくなる

 

・床に寝転がり机を蹴り出す限界有名強者

 

・物は大事にしましょう

 

・ららら、ワイガだいごと共にぎんなんさんへ熱くプリパラを推す

 

・僕がSteins Gateを全話視聴すればプリパラ視聴すると約束

 

・ここら辺で全人類の酒が回り限界集落と化す

 

 

三次会 カラオケボドゲ部編

 

 

・二次会は終わったものの、その場のテンションのまま三次会のカラオケへ

 

・ぎんなんさんの歌い方が好きすぎて囲いになる

 

・キツいオタク三銃士でWITHを結成。マイペースにプリパラを歌う

 

・恒例のワイガだいごがもってきたボドゲで遊ぶタイム

 

・ニムトでアホみたいに負ける酔いエトランゼさん

 

・Cat&Chocolateで無類の弱さを発揮するぎんなんさん

 

・クソしょうもないことでツボるらきさん

 

・色サーナイトでシコるtofuさん

 

・深夜のオタクがキツすぎたので逃げる僕とららら。違う部屋のロベルフくんとプリパラトークをしに行く

 

・ロベルフくん「いや41話のガァララとしゅうかちゃんがほんと尊くて〜〜〜〜〜〜」

 

ぼく「(こいつこっち側の人間だな…)」

 

・適当に歌っていると段々と参加者にダークホールが入り始める 当然僕も寝る

 

・5時少し前に起床。元いたボドゲ部に帰る

 

・3時間前は和気あいあいとボドゲを楽しんでいたはずの参加者が全員人間不信になってぐったりしてた

 

・解散間際にいえすたでー様とガチャ勝負。銀月1VS銀月2とかいうしょうもない試合に負ける

 

・ここでオフ参加者の人とはお別れ。お疲れ様でした

 

 

4次会 映画プリパラ編

 

 

・新宿南口のマクドで死にそうになりながら時間を潰す

 

・8時開場に合わせてバルト9へ向かう

 

・らららとかいうオタクが受付で女児向けアニメ映画のチケットを買っていてキツかった

 

・僕とワイガだいごは賢いため券売機で購入

 

・予告のところでやっていた「あさがおと加瀬さん。」というレズ作品にかなり惹かれる7歳女児ことぼく。

 

・プリパラ映画開始

 

・大音量、大スクリーンでヌルヌル動く3Dモデルに感動

 

・新しく追加された新曲もえもい

 

・あと2回くらいは見たい神作品だった

 

・ここでオタク2人が眠いので帰るとか言い出す。都会に1人置いていかれるぼく。かなしい

 

 

 

5次会 プリティミュージアム編と6次会 プリチャン筐体で遊ぶ編と 7次会 ちばチャン飲みでいえすたでー、死す編は割愛します。

 

改めて影踏みオフお疲れさまでした。

 

 

 

レズ

レズとレズが葛藤していたり、ノンケが自分のことをレズだと自覚していないのを脳内で保管するのが楽しいのであって、本番のレズ行為には1ミリも興奮しないことに気づきました